フランス最古の家具メーカー

フランス最古の家具メーカー

フランス、エリゼ宮やオペラ座・ガルニエ宮の内装をはじめ、EU本部、Hotel Ritz、シャネル、ディオール、ルイ・ヴィトンなど、多くのハイブランドのブティック家具を手がけるフランス最高峰家具メーカー「Henryot&Cie」。日本では迎賓館赤坂離宮、ラデュレ銀座店の内装などを担当し、全ての家具は、フランス人職人による手仕事が生きた家具となります。

フランス、エリゼ宮やオペラ座・ガルニエ宮の内装をはじめ、EU本部、Hotel Ritz、シャネル、ディオール、ルイ・ヴィトンなど、多くのハイブランドのブティック家具を手がけるフランス最高峰家具メーカー「Henryot&Cie」。日本では迎賓館赤坂離宮、ラデュレ銀座店の内装などを担当し、全ての家具は、フランス人職人による手仕事が生きた家具となります。

受け継がれる職人魂

フランス、ヴォージュにあるリフォル=ル=グラン(Liffol-le-Grand)で設立された椅子メーカー 「Henryot & Cie(アンリオ社)」は、現在、4世代も続き、高級家具師、彫刻師、装飾師の技術やノウハウを伝承し続けています。そして、現在でも創業当時のインスピレーションで、職人の方々が1つ1つ丁寧に家具を製造し続けています。

製造と復元技術の専門家である彼らは、当時と同じ技法を用い、細部に至るまで厳格にその当時の工程を守り続けます。過去を旅することで、当時の文化や思想を理解し、また彼らがモダンスタイルの家具を新たに作る際に、家具により豊かな表現力をプラスしてくれます。使う道具が変わっても、アンリオ社の職人のスピリットは、当時のまま色褪せることなく現在も脈々と受け継がれています。それが、フランスの本物の物作りに携わる方々の基盤なのです。

仕事にかけるプライド

中世フランスのものづくりに携わる職人の方々が持っていたプライドを、我々は知っています。その手に込めれてた、魂に込められた、深く強い職人としてのプライド。全てにおいて完璧を求め、美しいバランス、そして細部にまで妥協することないこだわり。その全てが、完璧の限界を押し上げ、より力強い芸術が生まれることを我々は知っています。

私が幼少時代から見てきたアンリオ社の椅子には、その手、その心に、古く、フランスの美しい大聖堂を作った職人たちと全く同じスピリットを感じられます。

椅子というものは、完璧でなければなりません。お客様の為に、鑑識家の為に、上司の為に完璧に仕上げるのではないのです。自分の為に、職人は完璧を追求するのです。

人生の真の伝統であり、自分との戦い中から築かれた物語、そしてそれは絶対的なものであり、その誇りがこの完璧な椅子を作り出すのです。

アンリオ社の家具は、あなたの目に見えない内部まで、外観同様、完璧に仕上げられています。それが、大聖堂を作る上での原則でもあったからです。

Products

取扱いアイテム

アンリオ・エ・コンパニーの製品は、D&T.FRANCEオンラインショップでご紹介しております。法人様のお取引をご希望の方、家具サンプルをご覧になりたい方は、ショールームで実際にコレクションの一部ををご覧いただくことができます。ご予約の上、お気軽にお越しくださいませ。

Furniture

Furniture

Contact Us

お問い合わせ

お取引のご相談、商品に関するお問い合わせ、ご質問等につきましては、下記よりご連絡ください。担当者より2営業日以内にご回答をさせていただきます。

お問い合わせ / ご来店予約

商品に関するお問い合わせ、また、八王子ショールームへのご来店予約につきましては、以下よりご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。