フランスの伝統と革新の
ファブリックメゾン

フランスの伝統と革新の
ファブリックメゾン

「メゾン『エドモン・プティ』は1850年にデシレ・プティが創設し、
息子のアルバートとともにフランス製の高級インテリアファブリックを製造し始めました。
1891年にパリへ移転し、1950年に耐火ベルベットの開発・製造を始めました。
1960年からは、テクニカルファブリックの範囲を拡大し、さまざまな要求に応える加工生地を提供。
2000年には、1762年創業のメゾン「アモ」から生地のオリジナルデザイン版のコレクションを買収し、
有名なデザインを復活させました。現在では、さまざまなデザインと加工の装飾用ファブリックを提供しており、
2015年からは壁紙やパノラマのユニークなコレクションも扱っています。」

「メゾン『エドモン・プティ』は1850年にデシレ・プティが創設し、
息子のアルバートとともにフランス製の高級インテリアファブリックを製造し始めました。
1891年にパリへ移転し、1950年に耐火ベルベットの開発・製造を始めました。
1960年からは、テクニカルファブリックの範囲を拡大し、さまざまな要求に応える加工生地を提供。
2000年には、1762年創業のメゾン「アモ」から生地のオリジナルデザイン版のコレクションを買収し、
有名なデザインを復活させました。現在では、さまざまなデザインと加工の装飾用ファブリックを提供しており、
2015年からは壁紙やパノラマのユニークなコレクションも扱っています。」

メゾン 「アモ」

王室御用達の「アモ」はルイ15世時代から存在し、ヴェルサイユ宮殿などの内装に使われました。2000年にジャン=フランソワ・プティに買収され、伝統的な一流シルクの手織り製品は現代のインテリアデザインに影響を与え、世界中を魅了し続けています。

カスタンスタイル

新古典派に触発されたマドレーヌ・カスタンは、異なる時代のスタイルを組み合わせて独自のインテリアを提供しました。著名な芸術家と交流しつつ、彼女は自身の好きな色を用いて特異なスタイルを生み出しました。彼女の功績は、彼女のデザインした生地や壁紙が「Musée des Arts Décoratifs」に展示されていることで語り継がれています。

キャサリン・グラン

1966年モスクワ生まれのキャサリン・グランはパリを拠点に活動し、世界中で絵画展示と大規模インスタレーションを行っています。エドモン・プティとの協力により、彼女の作品は壁紙として時間を超えて旅します。

Products

取扱いアイテム

エドモン・プティの製品は、D&T.FRANCEオンラインショップでご購入が可能です。商品を直接ご覧になりたい方、また、法人様のお取引をご希望の方は、ショールームで実際に当コレクションをご覧いただくことができます。ご予約の上、お気軽にお越しくださいませ。

Upholstery Fabrics

Upholstery Fabrics

Wallpapers

Wallpapers

Contact Us

お問い合わせ

お取引のご相談、商品に関するお問い合わせ、ご質問等につきましては、下記よりご連絡ください。担当者より2営業日以内にご回答をさせていただきます。

お問い合わせ / ご来店予約

商品に関するお問い合わせ、また、八王子ショールームへのご来店予約につきましては、以下よりご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。